HOME > レントゲン撮影
レントゲン(X線)撮影

レントゲン(X線)撮影によるコンクリート内部探査

弊社独自の最新システムで、直接、目で確認できないコンクリート内部をレントゲン(X線)撮影します。 安心して、しかもスピーディーに現場作業を進めることができ、万が一埋設電配管などがあった場合はその場で位置の変更が可能。障害を事前にしっかりキャッチして、安全確実な作業を実現します。X線探査は国家試験資格を持った者が責任を持って行いますのでご安心ください。現在、改修工事等の各現場で電線、鉄筋、LANケーブル等の切断が増えています。それを未然に防ぐために、まずレントゲン(X線)探査をお薦めいたします。

RC内部の状況を正確に把握し、トラブルを未然に防ぎます

改修工事および設備機器などの増設、更新工事における開口、穿孔の際、レントゲン(X線)透過撮影したフィルム現像により、 コンクリート内部の埋設物(電配管、通信ケーブル、ガス管、鉄筋など)の位置および状況を正確に把握できますので、 埋設物切断などによるトラブルを未然に防止することができます。


撮影後すぐに現像処理し、その場で結果が分かります

現場へは現像処理が可能な暗室装着車で出動し、撮影後、すぐに現像処理を行なうので20〜30分後に結果報告ができます。 その際、撮影したフィルムに対象物があった場合、再度撮影することで予定位置を確認、変更することもできますので、 現場での対応がスムーズに運びます。


コンクリート内部の探査方法

レントゲン発生装置内部の撮影は、コンクリート表面の墨出し部分にレントゲン発生装置をセットし、裏面の墨出し部分にフィルムを貼って撮影します。 したがって、表側にはレントゲン(X線)発生装置をセットするスペースが必要となりますが、裏側はフィルムを貼ることができれば撮影可能です。


※クリックすると拡大します

探査可能な厚さは300mmまで

携帯式レントゲン(X線)装置による探査でのコンクリート厚の限界は約400mmですが、通常使用するレントゲン(X線)装置の場合は、約300mmとなります。 厚さ250mm以下のコンクリートであれば、1か所あたりの撮影に要するレントゲン照射時間は1分以内の短時間ですみ、 埋設電配管内の電線まで容易に識別することができます。


電源は100V/15A以上のコンセントで探査可能

レントゲン(X線)発生装置の電圧は200Vですが、変圧器を使用しますので100V(15A以上)のコンセントがあれば探査することができます。 万が一、電源がない場合は発電機を使用することも可能です。


フイルム1枚の撮影有効寸法は200×175mm

フイルム有効寸法レントゲンは焦点から40度の角度で放射状に拡がるため、埋設された配管やフィルムマークなどは、実際より拡大されて撮影されます。 したがってフィルム1枚あたりの有効寸法は200×175mmと考えてください。(コンクリート厚によって多少異なりますので、 あらかじめご確認ください)撮影位置の表面と裏面の墨が極端にずれていた場合は、所定のフィルム寸法(200×175mm)がとれなくなりますので、 墨出しはできるだけ前日までに正確にお願いいたします。


※クリックすると拡大します

フィルムの寸法から撮影枚数の算出

撮影枚数フィルム1枚あたりの有効寸法(200×175mm)から撮影枚数を算出します。(コンクリート厚によって多少異なりますので、 あらかじめご確認ください)ただし、大開口の場合には3辺の撮影ですむ場合があります。 この場合には両面にコンセントや照明器具などがないことを確認してください。


※クリックすると拡大します

安全対策は万全です

安全対策レントゲン(X線)照射中は、放射線源より5メートル以内、または線量率が0.5ミリシーベルト/h以上の場所へは立ち入り禁止 (作業条件および遮へい方法によっては一部除外)となります。電離放射線障害防止規則により定められているので、 管理区域ごとに作業主任者を選任し安全管理には万全を期しています。


※クリックすると拡大します

レントゲン(X線)とは

レントゲン(X線)は電磁波の一種であり、制御器によって電気的にコントロールされています。 制御器のスイッチを切った時点でただちに照射が中止されますので、放射線が残留し空気中に漂う心配はありません。 また、通信機器などへ悪影響を与えるようなこともまったくありませんので、場所を選ばず、安心して使用することができます。 しかし、レントゲン(X線)を多量に被曝すれば、人体は悪影響を及ぼします。そのため、弊社は徹底的な防護対策を行なっています。 立ち入り禁止区域の設置、監視人の配置、無線機などによるレントゲン発生合図の徹底、および漏洩、レントゲン減少のための遮へい対策などの措置を講じています。 関係者へのレントゲン探査実施の事前連絡などのご協力をお願いいたします。

ページのトップへ